車検 joincross.com > 車検 > 自動車税について

車検時に課せられる自動車税について

車検代金でもっとも大きくウエイトを占めるのは「税金」です。
車検時に課せられる税金には、自動車税というものがあり、これがなかなか高いんですよね。

 

車検の内訳は、この自動者重量税から始まり、自賠責保険、車検代行手数料、メンテナンス代金、検査登録印紙代などがかかります。

 

自動車重量税は、軽自動車の場合、普通乗用車と比べてはるかに安く年間7600円程度で済みます。
普通乗用車は、1.5トンを超えると年間40000円という高額な税金を払わなければなりません。

 

さらに自賠責保険は約20000円程度かかり、普通乗用車の場合車検の総額は、大体100000〜120000円程度を見ておいたほうがいいでしょう。(修理代なし)

 

 

車検を受けるのに必要な納税証明書

 

自動車税は、車検を受ける前に支払っておきます。
車検を受ける際には、納税時に受け取れる「納税証明書」を業者に提出します。

 

これをもし紛失してしまった場合、軽自動車は市役所の納税課で、普通自動者は県事務所の納税課で再発行してもらう必要があります。

 

なお税金を払っていないと高額な追徴課税がかかるようになっているので、毎年きちんと収めるようにしましょう。

 

 

メンテナンスはこまめに行おう!

 

車検の費用を抑えるためには、修理費用などができるだけかからないようにする必要があります。

 

そのためには日頃のメンテナンスをこまめに行い、車検時に修理することがないように管理することが大切!

PR