車検 joincross.com > 車検 > 軽自動車

車検 軽自動車

車検にかかる代金の内訳は、

 

自動車税、自賠責保険、印紙代、などの諸費用と、
外観検査やライン検査などの検査費用、
部品交換や修理など、保安基準を通過するように調整を行う点検整備費用など、

 

この3つの項目に分かれています。

 

このうち、車種によっては結構な負担となるものが、
やはり自動車重量税などの税金だと思います。

 

コレはまけてもらえない項目ですので車検までには費用を蓄えておきましょう。

 

車検で、自動車重量税を安くおさめたいのなら、軽自動車に乗るのがお勧めです。

 

軽自動車だと、毎年かかる税金も非常に安くて負担が少ないと言えるでしょう。
軽自動車の自動車税は、2年で約9000円ほどで格安になっています。

 

また自賠責保険の代金も普通乗用車と比べて、軽自動車のほうがわずかですが安くすみます。

 

車検代の総額は、普通乗用車と比べて、車の状態にもよりますが、3万円から4万円は安くなると思います。

 

また、普段のメンテナンスをしっかりやっておくことで、余計な修理代も節約できますので、
大切に車を扱うのも大事ですね。

 

タイヤ等のローテーションも定期的に行うようにすれば、タイヤ交換の頻度も下がります。
そのためにはある程度の知識を勉強することが大事だと言えるでしょう。

LINK

虫歯治療は早めに発見し治療をするのが大切です。早めの治療だと期間も短く済み治療費も安くて済みます。虫歯の心配がある方はお早目に歯医者へ行くことをおすすめします。
吹田歯医者

 

 

中古車を高く売るためには、まず、そのポイントを理解することが大切。
車の外装、内装、走行距離、エンジンの状態、車検など、車買取時の査定ポイントを知って、最高値で売りましょう。